飲めば酒に強くなる 本当?

  • HOME > 飲めば酒に強くなるって本当?

飲めば飲むほど酒に強くなるの?

 日本では親睦を深め絆を強くする場として飲み会があります。
 会社はもちろん、地域の集まりや昔からの仲間など、どんな場所でも当たり前のようにお酒が付いて回ります。

 そんな酒の場で当たり前のように言われる合い言葉が「酒は飲めば飲むほど強くなる」です。

 「でも、そんな事が本当にあるの?」

 ここでは、日本人の多くが囁く“酒が強くなる”が正解なのか、それとも間違いなのかを紐解いています。

酒は飲むほど強くなるは本当だった!?

 この言葉の答え、実はほとんど正解です。

 ただしこれには、大きな問題点が隠れている事も知らなければいけません。
 この問題点を知る為には、アルコールがどのように分解されるかを知っておきましょう。

アルコールを分解する酵素の力が違う

 摂取したアルコールは体内でアセトアルデヒドという物質に変わります。このアセトアルデヒドは毒性が強く、二日酔いの原因にもなる成分です。

 このアセトアルデヒドを分解する為の酵素が2型アセトアルデヒド脱水素酵素(以後ALDH2)。
通常、酒への耐性はこのALDH2によって決まっています。

 ALDH2は対の遺伝子によって成り立っていますが、日本人の場合、分解能力の高い活性型(G)と逆に低い非活性型(L)との2種類に分かれています。

 そして、活性型2つ対のALDH2(GG)を持つ人はアルコール分解に強く、活性型と非活性型を併せ持つALDH2(GL)は少し分解できる人、非活性型が2つ対(LL)の方はほぼ分解できない体質という3パターンに分かれます。
 ちなみに日本人の割合として、お酒に強いGGの割合は5割強、弱い人GLは4割弱、飲めない人LLは1割弱と言われています。

「GLとLLは遺伝子が半分しか違わないから分解能力は半分程度でしょ」と思った方もいるかもしれませんが、違います。
 同じ量の酒を飲んだ時の体内で分解できないアセトアルデヒド濃度は、GLがGGの4〜5倍、LLはGGの20〜30倍ほど数値が上がります。

 この中で、酒が弱い人のはもちろんLLとGLです。

少し飲むと顔が真っ赤になる人は酒が弱い

 割合的に日本人の半数弱は、コップ1杯程度のお酒で顔が真っ赤になる分解能力が弱い人です。さらにその1割弱はLL(非活性の対)であり、1杯を飲まずして激しい動悸やめまい、足のふらつきの急性アルコール症状に近い状態になってしまいます。

 そのためLLの体質の方はほとんどが飲酒を諦める傾向にあります。

 なので問題はGL体質の人です。

 GLは顔も真っ赤になるし動悸も早くなるのですが、全く飲めない訳ではありません。
 そのため、無理をしてしまう事も多く、飲酒後のアセトアルデヒド濃度も高くなり、吐き気や嘔吐、そして翌日の頭痛や二日酔いになり易いのです。

 ただし、ここでやっと危険な問題点が出てきます

アセトアルデヒドを分解する酵素が違う!?

 どのパターンのALDH2にしろ、アセトアルデヒドを分解できる能力の限界があります。そしてその限界値を超えると、今度は肝臓にあるミクロゾームエタノール酸化酵素(以後MEOS)によって分解されるようになります。

 このMEOSはもともと体内の有害な毒物を分解排除する酵素ですが、アセトアルデヒドを異物として捉え、分解し始めます。
 そしてこのMEOSは毎日のように負担を掛け続けるとどんどんと酵素の力を強めるようになり、アセトアルデヒドを分解する能力も上がっていきます。

 つまり、気持ち悪くなるほどの飲酒を毎日続けていると、そのうち同じ量を飲んでも気持ち悪くなくなってくるのです。

「じゃあ、飲めば飲むほど酒に強くなるんじゃん」と思うのは早いです。

 実はこのMEOSは、本来それほど活発に働くものではありません。そのため、肝臓に慢性的な負担を掛けてしまい、肝硬変や肝臓ガンといった病気を引き起こす原因になってしまいます。
 さらに大量のアルコールは咽頭ガンや食道ガン、消化器系のガン発生率を高めるという統計もあります。

 アルコールに強くなる変わりに体を痛めつけ、重大な病気を誘発する危険を高めてしまう事に、どれほどの魅力があるでしょうか。

 自分の限度をわきまえて、適度なお酒を楽しみましょう。

酒を飲む時にサポートしてくれるサプリが有効です

 とはいえ、会社の飲み会など断れない席も必ずあります。そこでおすすめなのは体の負担を減らしサポートしてくれるサプリメントです。

 二日酔い予防というとウコンを思い浮かべる人が圧倒的に多いかもしれませんが、最近では摂取過多による弊害や肝臓の病気や疾患がある場合、その状態を悪化させてしまうなどの副作用が報告されています。

 そこで、楽天でも第1位を記録した二日酔いサプリをご紹介しています。
「ウコンが効かない」という方にも評判のシステインペプチドと豊富なビタミン・ミネラルのマルチサプリです。

記事こちら⇒二日酔いにならない予防サプリ