既に二日酔いになってしまった対処方法

  • HOME > 既に二日酔いの対処法

二日酔いになってしまった時の対処方法

 朝起きたら「頭がガンガンする」「気持ち悪い」「体がダルい」など、すでに二日酔いになってしまった時の対象方法をご紹介します。

二日酔いは水分をしっかりと補給する

二日酔い対策

 お酒(アルコール)を飲んだとき、誰でも起こりがちなのが脱水症状です。

「飲み物を飲んでいるのに、なぜ?」

 こう思う方も多いかもしれませんが、人間の体はアルコールを摂取するとそれ以上の水分を排出してしまうからです。

 お酒を飲むと実感する方も多いと思いますが、アルコールを摂取する事でトイレが近くなります。
 これは、アルコールの影響で抗利尿ホルモンの分泌が抑制されて、水分を排出する作用が強まるところから起こります。

 さらに、ビールやチューハイからワイン、日本酒、ウィスキーとアルコール度数が上がるにつれて、その傾向は強まります。

そのため、飲んだ後の眠る前にしっかりと水分補給しておく事が大切になります。

 また、尿として排出してしまう時、ナトリウムやカリウムと言ったミネラルが一緒に失われてしまいます。

 そのため、スポーツドリンクなど体への吸収がスムーズな飲料水が最適です。

低血糖による二日酔い

 お酒(アルコール)を摂取すると、アルコールを分解するために肝臓がフル稼働でアルコールやアセトアルデヒドを分解しようとします。
 そのため、通常時に働いている肝臓の機能が後回しになってしまいます。

 中でも起こりやすいのが、アルコールによる低血糖症。

 通常、肝臓では体の動力源となるブドウ糖の生成を行っており、血糖値のバランスを保つ役割をしています。
 ところが、お酒を飲む事で血糖値が上がらない状態が起こりやすく、頭痛やダルさ、体のしびれなどが現れてきます。

 お酒を飲んでいると締めのラーメンや炭水化物など、いつも以上に食べてしまうのも、血糖値が上がらずに満たされない感覚に陥っているせいなのです。

 アルコール性低血糖症による二日酔いは、飲んでいる最中お酒以外の食べ物をあまり口にしない方に多く見られます。
 この場合、糖分のスムーズな補給にスポーツドリンクや絞り立てフルーツジュース、お粥などがおすすめです。

二日酔いと体調は大丈夫?
⇒「二日酔いにならない予防薬」記事こちら

サイトMENU
二日酔いになってしまったら

二日酔いの明確な定義は未だにはっきりされていません。言える事は、二日酔いの原因となった状況に合わせて、対処していく事が大切です。